イギリス留学をしよう! TOP > ページ一覧 > イギリス留学で気を付けておきたいこと

イギリス留学で気を付けておきたいこと

イギリス留学で気を付けておきたいことイギリス留学は、英語の本場ということもあり、古くから人気があります。その歴史は明治時代にまでさかのぼり、文豪や政治家など、のちに国内で活躍した人も、大勢いたのです。海外留学をすることは、グルーバル社会に欠かせない国際感覚を身につける上でも、たいへん有益です。そのため、チャンスがあれば積極的に行うべきです。

とはいえ、日本とイギリスでは、風土といい生活環境といい、大きな隔たりがあります。それをしっかりと自覚していなければ、留学をまっとうすることなど、とてもできません。たとえばイギリスではサマータイム制が導入されています。これにより、3月最終日曜日の1時から10月最終日曜日の1時までの間、一時間早まることになります。この際には、忘れず時計を調整しなければなりません。また、小雨が頻繁に降る、外食の値段が高い、公共交通機関は時間通りに来ないなど、様々なことに戸惑いを感じるものです。

中でもイギリス留学において、もっとも気をつけるべきことがあります。それは、治安の問題です。もちろん、仮にも先進国なのですから、出会い頭に銃で撃たれるようなことは、めったにありません。その代わりに、窃盗などの軽犯罪が多く、警戒心の薄い日本人は格好の標的にされやすいのです。留学という、右も左も分からないような状態ならば、なおさら狙われやすくなります。そのため、事前に知識を蓄え、用心を重ねることが大切です。

一番留学先でやってはいけないことは、歩きながらスマートフォンを操作することです。注意力が散漫になりますし、なによりスマートフォン自体が高価なものです。まさに、泥棒にしてみればビジネスチャンスが歩いてくるのも同然なのです。そして、日本と同じ感覚で、荷物を置いたまま席を立つと、あっという間に置き引きの被害に遭ってしまいます。ひどい例になると、トイレに行っている間に、飲み物に薬物を入れられたというケースさえあるのです。外出先においては、決して油断してはいけません。それでもスリや強盗に遭ったときのために、財布は常に複数を持ち歩くべきです。財布もブランド品などではなく、可能な限り安物を揃えておけば、ターゲットから外れる確率があがります。また、昨今の国内事情により、治安が極めて悪い地域も増えています。現地の人や、コーディネーターなどともよく連携をとり、そのような場所を把握して、近づかないようにしましょう。こうした情報を一括して手に入れることができるサイトなどもあります。まずは、留学に特化したサイトに会員登録などを済ませて、最新ニュースを手に入れていきましょう。